FC2ブログ
うれしい再会。
2013 / 01 / 25 ( Fri )
職場の冬期休館前、おみやげの買い出しに行きつけのお店に行った時でした。
駐車場に車を止めると、猫の姿を発見!

うわあぁあ子猫もいるうぅう!とはしゃいで見たにゃんこは、お父さんとお母さんと子供の3匹でした。
かわいいなぁと思っていてふと、お母さん猫が見覚えがあり・・・
この子、前に子猫を引き連れていた子だぞ!

その時の話はこちら

そのお母さんが、イケメンなパパとかわいい子猫と連れ添っていたのです・・・!
うわぁ仲良しでいいなぁ、とその日はカメラもなく携帯でぱしゃぱしゃ撮るしかなかったのですが・・・

本日、またその場所へ行くと出会うことができました!
なんて嬉しい再会!!

再会親子2

こちらはままにゃんこ。
おひさまぽかぽかで気持ちいいのか、うっとり顔。

再会親子3

こっちがぱぱにゃんこ。
今日は車の下からこんにちわー。
いけにゃんです。

再開親子

そしてちびにゃんこ!
約2週間ぶりの再会なんですが、若干大きくなってる・・・!

再会親子5

この間会った時もこうして3匹ひなたぼっこしてました。
そばにはごはんがたくさんあったので、地域の方が面倒を見て下さっているようです。
おかげでお腹をすかせることなく、元気でいれるようです。
よかったなぁにゃんこ親子。
みんな見事に白黒で、かわいいにゃんこ親子でした。

再会親子6

いつかこの子も大きくなって、大人の仲間入りをするんだろうなぁ・・・
駅前は野良猫の姿を見かけるけど、地域の人が優しく見守ってるのは嬉しいです。

再会親子4

お前も立派になるんだぞ!



しかしもっふもふでした、抱きしめたかったです・・・こねこはやっぱりかわいいですね!
もちろんカメラのズームのおかげでこんな近くにいるように撮れましたが、実際は離れたところから。
せっかくの親子でひなたぼっこを邪魔しちゃいけませんからね><

またいつか会えるといいなぁ・・・と思いながら後にしました。
素敵な再会に感謝!
スポンサーサイト



18 : 03 : 05 | 外猫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ちびくろの家族が決まりました^^
2012 / 08 / 03 ( Fri )
ちび決定2

先月のあたま、保護した黒猫のちびくろ。
その後仲良し家族のお宅に話をしたところ、早速拾った一週間後に引き取りにやってきてくれました。
場所は私の地元新潟からですが、わざわざ迎えに来てくれた素敵なご家族。
お嬢さんは私の母校でもある専門学校に春から通っているので同じ町内に住んでいます^^
それもあって最近はよりうちの両親と家族ぐるみで仲良ししてます。

ソイちゃん

お預かりしてくれたH家にはウェルシュコーギーのソイちゃんがいます。
もともともう一匹、コーギーのミルクちゃんがいたのですが、実は去年虹の橋を渡りました・・・。
それもあって、ソイちゃんは実のお姉ちゃんのように慕っていたのもあり元気が落ち、
一番遊んでくれていたお嬢さんは春から山梨に来てしまってがっくり元気がなくなっておりました。

それもあり、今回このちびくろがソイちゃんの相手になればというのもひとつ。
ご主人は大の猫好きで、大の黒ねこ好き^^
大喜びでお試しでソイちゃんとの相性も見て・・・
つい先日、正式に家族入りが決定しました!

ソイちゃん2

ソイちゃんは普段猫に対してわんわん!と吠えるらしいのですが、初対面のときはちびくろに吠えることなく、興味津々にくんくん。
ちびくろはふー!!っとうなっていましたが、時間が解決してくれたようで・・・
先日は一緒にいる姿のシャメも送られてきました^^
何より、一番安心して預けられるH家族のもとに決まったことが私も嬉しい!
気軽に会いに行けるのもあるので、本当に嬉しいです。

ちびくろは、ビオちゃんという名前を頂いて元気に過ごしているようで。
おりこうさんでトイレも失敗せず、爪とぎもちゃんと段ボールでしてくれているようです。
ごはんも好き嫌いせずなんでも食べて、家族に可愛がられてたくさん遊んでもらっているとのこと。
東京に大学通いしている息子さんも大の猫好きで、お盆に帰るのを楽しみにしてくれているようです。
家族にかわいがられて、すくすく元気に成長しているちびくろもとい、ビオちゃん。

ちび決定

幸せになるんだぞぉv


H家族にはちょくちょく会えるので、ビオちゃんのこともブログで紹介したいところ♪

今回呼びかけに気を使って頂いたみなさん、本当にありがとうございました。
この場を借りてお礼させていただきます。
今後何かあれば、またよろしくお願いいたします!


さぁて、今日もうちの子たちをもふもふ可愛がりますか^^
00 : 19 : 57 | 外猫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
子猫が降ってきた。
2012 / 07 / 11 ( Wed )
昨日はふうちゃんの誕生日!

だったんですが、かわずにはそれどころではない?状態でした・・・。
ことのはじまりは、おとといの8日。

その日は帰宅も遅く、ぐったり疲労の中帰宅し、にゃんずの世話をしてベッドに入ったのは日付が変わっていました。
すると・・・外から猫の声が。
今までも何度かは聞いたことがあるけれど、どうにも鳴き叫ぶというか、悲しげというか・・・
気になって窓の外を見てみると、近くから聞こえているようでした。
そして暫く見ていると、小さな影がアパートの廊下を走って行きました。
私の住んでいるアパートはA棟とB棟があり、窓から見ると正面がA棟です。
その廊下をいったりきたり、鳴きながら走り回る子猫が見えました。
その子は夜通し鳴き続け、気になって眠れない夜でした・・・。

次の日。
かわずは朝食対応の為早起きして出勤準備。
あの子はどこかへ行っただろうか・・・そう思いながら外へ出ると、子猫の声が。
気になって辺りを見回すと、すぐに出会いました。
そこには、生後2カ月半・・・ちょうどふうと出会った頃と同じくらいの大きさの黒い子猫がうずくまっていました。
しかし私を見つけるとにゃあんと鳴きながら一直線。
すぐに足元にやってきて、足にすりすり。
どうしたどうした、と撫でようとするとそのままがががっと足によじ登り、肩まで這い上がろうとし始めました。
ちょ、ちょっとまって・・・!!(笑)
とりあえず抱き上げてみると、思っている以上に軽く、そして骨ばった体。
これは迷い猫じゃないな、と思いつつも出勤時間が迫っており、私はやむなくその子を置き、職場へ。
仕事中も気になって仕方がなかったのですが、真夏日を思わせる天気から急変、雨が降りだしいよいよ心配に・・・。
そうして帰宅してみると、子猫はそこにいました。
私を見つけると「まってました!」というように駆け寄り、足にまとわりつき・・・。

もうだめだ、保護しよう。
そうして、子猫を抱きあげ部屋に連れて行きました。
しかし拾ってすぐの子をうちの子と合わせるわけにはいきません。
とにかくトイレに押し込み(笑)、まずはお腹をすかせたラニとふうの世話を手早く済ませると、ドアを閉めて隔離。
そうして子猫を抱きかかえ、簡単にチェック。
流石は標高1000m、ノミはいないようですぐにシャンプーへ。
なんとか済ませ、乾かしてあげれば・・・
なんとまぁ、黒猫にしてはべっぴんさんでした。

女の子のこの子を、とりあえずちびくろと命名。
真っ黒と思っていた毛色は若干の縦シマがあり、チャコールグレーの毛がところどころまざっています。
胸元、お腹には白い毛がまざり、左には白いひげがいっぽんだけのチャームポイントを発見。
なんといっても鼻筋がとおって顔立ちがいいだけでなく、瞳は金色に緑がまざる綺麗な色。
尻尾だけはL字にまがったかぎしっぽちゃんでした。

ちびくろ2

極めつけは、ふうと同じくべたべたの甘えん坊。
とにかく自分の体が私に触れていないと不安でしかたがないのか鳴きわめき、撫でてやると落ち着く子。
そしてばっと手を伸ばし、肩までのぼってくるというか、抱っこをせがんでいるようにも見えました。

ちびくろ1

ひとつ残念なことは、声がちょっとだみ声なところ。
・・・なぜ私の周りに集まる猫は「にゃぁん」と猫らしい声で鳴いてくれないのか・・・^^

ともかく。
飼うにしても、母から却下がおり、私自身も3匹はなぁ・・・と思うところがあるので飼い主を探してあげたいと思いました。
そうなるには、まずはお医者さんに連れて行かないと・・・
と、いうことで昨日行きつけのお医者さんへ。
先生に「拾ったの^^?」と言われ「・・・はい・・・^^」と返事。
「あるある、一緒に玄関に入ってきちゃったとか、新聞取りに言ったらついてきちゃったとか・・・・。」
・・・なんて、先生のエピソードをお聞きしつつ、診察開始。
特に異常もなく、体重は1.4kgと小さめ。
やっぱり2カ月くらいだなー、と先生と和やかに話していたところ、歯の具合を見ていて先生の様子が変わりました。
「・・・ん?あれ、歯が・・・生え換わってる?」
しそうしてよく調べてみると、なんと歯が生え換わり始めていたのです。
そうして推測された月齢は生後4カ月・・・。
ち、小さすぎる・・・!!!
骨格や顔つきからも2カ月前ってことはないだろうということで、先生も「かなりの小さい子だ・・・。」と驚いていました。
確かに骨ばってるし、やせてるし・・・軽すぎるし。
そんなことからも、親猫とはぐれたか、すてられたか・・・。
私の住んでいるところは森そのものなので、どこからか捨てられてもおかしくはありません。
現に、別荘地帯なので嫌な話ですが別荘にきた都会の人が犬や猫を放置して帰っていくなんていう話もあります。
そしてこの子は移動キャリーをとにかく嫌がっていたので、可能性はなくはありません。

「で、どうするの、飼うの^^」
「残念ながら、良い子なんですがあの子たちで精一杯ですね・・・。」
「でも美人だからきっとすぐ飼い主見つかるよ!」
そうして先生に送り出してもらい、ボランティアの一環ということで診察費はタダ。ありがたい!
帰宅後、里親を探すべくメールを送ったりと行動に移し始めました。

ちびくろ3

その間にもどんどん慣れていくと、せわしなかった動きも落ち着いて行くようになりました。

ちびくろ4

胸元のふわっとしたところに白い毛はトレードマーク。

ちびくろ5

よく遊び、おおはしゃいぎでとびつき、勢いがありすぎて手をがぶがぶされたりだとか・・・^^

ちびくろ6

そしてふう以上に寂しがり屋かもしれません。
私がそばにいれば遊び、ごはんをたべ、眠りをするのですが・・・
そばにいないととにかく心配そうに鳴きわめくのです。

私のアパート周辺は、キツネやイタチが多く子猫が襲われることも多々あります。
そして大泣きしていたことでアパート住民が苦情を出し、管理人さんに駆除されてもおかしくない状況。
自然に任せる・・・それもあったかもしれませんが、やはり見捨てることはできませんでした><

今は友達、知人に聞いて回っています。
無事里親さんが見つかることを願って^^
なんたってトイレは一発で覚え、つめとぎもちゃんとつめとぎ段ボールでしてくれて。
手のかからないよい子ちゃんですから!!
最悪見つからない場合は、ラニを見つけた里親募集さんに掲載したり、貼り紙を張らせてもらおうと思っています。
幸せに暮らせる家庭があるように、なんとか見つけてあげたいと思います・・・!!

うちで飼えれば一番なんだけどな^^やっぱり無理だよなぁ・・・・(苦笑)



ということで、怒涛の3日間でした。
ふうごめんよ、お誕生日祝いは改めて><
あの子も1歳になったんだよなぁ・・・。
ちょうどちびくろの大きさで我が家にやってきたので、ちびくろを見た後ふうを見ると「で、でかくなったな・・・」と思わずには居られません(笑)

そして。
ブログを見て下さっている方でも、もしちびくろに興味があればぜひお声かけ下さい。
この子に素敵な家庭がめぐり合えますよう、お願いいたします!
また里親募集をする際、「こうしたらいいよ!」というアドバイスなどがあれば教えていただきたいです^^
よろしくお願いいたします。


さて、明日はお仕事!
土日はまた団体貸し切りも入っているし、忙しいぞ;;
応援よろしくお願いいします~!!
23 : 23 : 28 | 外猫 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
素敵な親子。
2011 / 06 / 05 ( Sun )
今日は急きょお休みに。
ならば出かけよう!と、ふらふら買い出しがてらおでかけしたら・・・

「みゃーん・・・」

お、猫の声??

と、誘われるままに行ってみると・・・
子猫
ここここ、こねこ・・・・!!!?
あらまぁ、お前さんどこから来たの^^^^
と、すっかり目尻を下げてうへーっとしながらパシャパシャ。
生後何カ月くらいなのかなぁ・・・男の子?女の子?なんて思いつつカメラをかまえつつ・・・。
しかし、お母さんは?と、心配していると、違う方向からまた子供らしい声が・・・
また誘われるまま行ってみると、
母猫2
シャーっとされました、こちらがお母さんのようです。
しかしお母さんなんとまぁ美人だこと!!
すぐそばには綺麗なトムキャットの子猫ちゃんもいました。
母猫

すっかりお母さんに甘えている、かわいい姿。
すごく、なごみます・・・。


もう一度、先程の子猫ちゃんの方へ移動。
子猫2
あれ、一匹増えてる・・・。
どうやら兄弟のよう、お母さんがああいう模様でもこんな風にキジ白模様の方が多い場合もあるのですね。
しかしこのふたりの背中の模様、特徴的というかなんというか・・・
手前の子、丸い点を追う魚みたいだ^^
子猫3
気付いたのかこちらに興味を持ち始めてくれました。
ただ、出てきてくれたのは一番最初に出てきてくれていたキジ白ちゃん。
子猫5
もう一匹、尻尾の先が白い子は臆病なのか後から様子をうかがっていました。
撫でれるかなー、と手を差し伸べるとずいずい後ずさりしたので、やっぱりノラだなぁと実感。
この後、「にゃ」と一声聞こえた途端「にゃーん」と甘えた声をだして2匹が駆け寄った先には・・・
さっきのお母さん猫がいました。
おちちをせがみ、お母さんも茂みに隠れて横になりまったりした後・・・子供たちはお母さんによりそって寝始めました。
素敵なお母さんがいるのであれば、この子たちも大丈夫だろうな。
何より、人間をちゃんと警戒してるのを見ると心ない人からのいじめにも遭わないだろうし・・・

一瞬、保護しようかとも思いましたがお母さんにべったりな姿を見るとしない方がいいと踏みとどまりました。
子猫4
外の生活に負けずに、立派に育つんだぞ!
知識もなにもない私が、ついかわいそうだからと手を伸ばすことはあとあと難しい結果になると思います。
なによりうちにはラニさんがいますからね!!

ねぇラニさん。
カエルを見る
・・・カエルの蓋ガン見ですか^^;


こうした外猫さんはたくさんいるという話を聞きます。
特に私の住んでいる地域は有名な写真家さんも撮りに来ている地域のようです(前そんな写真集を見かけました)
もちろん、出勤退社時にはノラちゃんを見ますが、もう一回会えたね!っていう子はいません。
昔はラニもそうだったんだよなぁ・・・とか、この子猫みたいな大きさだったんだよなぁ・・と思うと、不思議なものですが、
こうしてうちに来てくれたことを奇跡と思い、たくさんの愛情をかけてあげられたらなと思わずにいられません。
外猫さんたち、私の力ではまだまだなにもできないけれど・・・いつか、こんな子たちにも助けとなる行動ができたらなと思います。
そんな日の為にも、日頃から勉強べんきょう!


素敵な親子に出会えた、素敵な休日となりました。
また会えたらいいなぁ・・・。
21 : 25 : 48 | 外猫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |