FC2ブログ
冬の野鳥撮影。
2013 / 02 / 05 ( Tue )
先日の平日お休みだったので、車で15分の八ヶ岳倶楽部さんへ野鳥を見に行ってきました♪
(http://www.yatsugatake-club.com/)

冬は野鳥たちのえさ場をカフェテラスの傍に作るので、お茶をしながらバードウォッチングが出来るのです。
休日は県外からのお客様が多く、折角テラスにやってくる野鳥たちがばばっと逃げてしまうのですが・・・
平日に行くと流石冬、ほとんどお客様が自分一人しかいないという状況になるので、ゆっくりおいしいお茶を飲みながら野鳥たちが見れます^^

私が小学生の頃、家族旅行でこの場所に来たのが初めて。
そして専門学校入学を気に山梨に住むようになったのですが、入学の年に訪れた際は冬の渡り鳥、オオマシコに出会いすっかり野鳥に惹かれ始めました。
思えば、あのオオマシコに出会ったとき夢中でほぼズームもきかないデジカメでシャッターを切っていた横で柳生●吾さんがいたのに、著名人に疎い私は今さらすごいことしてたんだなと思います。
(その時ちゃっかりサインを書いて頂いた本まであります^^)

今回、去年からオオマシコは野辺山の方にはきてくれているものの、倶楽部には訪れていないそう。
変わりに、今年は初顔がいるとのことで地元新聞でも取り上げられていた子に出会えました^^

アカウソ初!

それがウソの亜種にあたる、アカウソ!
野鳥の中でもウソが一番好きなゆきは、この出会いに嬉しくてたまりませんでした><

アカウソとウソ

普通のウソと比べるとよくわかります、白灰色のお腹はアカウソちゃんは頬の赤さをそのまま胸元まで。

アカウソもぐち

とっても綺麗な色合い、夕日のような、やさしい朱色に目を奪われておりました。

アカウソきれい

この冬初めて来てくれたそうなんですが、それから毎日のようにごはんを食べにくるとスタッフの方から聞きました。
本当にアカウソちゃんに出会えて嬉しい^^

ウソもぐち2

もちろん、他のウソちゃんもたくさん写真とってきました!
アカウソちゃん、ウソちゃん2羽、そしてウソの女の子1羽の合計4羽の団体さんでした。

ウソおにゃのこ2

女の子の方が地味というか、ウソの頬の赤みはないのですが・・・
変わりに綺麗なブラウンと青みがかった灰色の毛色も大好きです。

ウソおにゃのこ

どうしてこんなにウソはかわいいんだろう。。。と、スタッフさんと語らい(?)ながら時間を過ごしておりました。
本当にウソ、大好きです^^

ウソもぐち3

一生懸命雪の上をちょんちょん歩き、ひまわりの種をもぐもぐ。

ウソもふ

もふっと丸くなって枝にとまる姿は、スタッフさんと「もふもふですね~!」とかわいいかわいいと言い合っていた一枚、スタッフさんも毎日野鳥を見てるけれど、こうして見れる姿はいつも発見があるとおっしゃっていましたよ。

ウソゆうひ

夕日をバックに一枚、15時頃から野鳥たちのごはんタイムなのでそれを狙って行ったのですが、16時を過ぎる頃は日が沈みかかっていくので路面が凍結する前に帰路につきました。

あ、もちろんウソたち以外にも出会ってますよ!

アトリひょこ

こちらはアトリさん、カワラヒワさんたちと一緒にごはん場所にやってきてくれました。

シジュウカラひょこり

シジュウカラは一番姿を見せてくれました。

シジュウカラ背中

シジュウカラさんはこの背中の緑が好きです、綺麗です~♪

ヤマガラひょっこり

ヤマガラさんもやってきました。
ひょっこり雪のむこうから顔をのぞかせるのが可愛くて・・・^^

そして、今回初顔のガビチョウさん。

ガビチョウずぶ
ガビチョウにひき

こちらも冬にやってくる鳥なんだそう、私は初めて見たので「な、何者!?」とびっくりでした。

ガビチョウにひ

結構愛嬌ある顔だと思います^^


ということで長くなりましたが、野鳥撮影会でした。
今度プロの写真家の方のレクチャー会があるようなので、行ってこようかなぁと思っている次第です!
また素敵な写真が撮れるといいなぁ^^

ウソゆきまみれ

オマケ、雪の上のタネをもぐもぐしていた所為で口が雪まみれになったウソちゃん。
スポンサーサイト



22 : 41 : 14 | 野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
4月の話・・・。
2012 / 05 / 20 ( Sun )
折角写真をとっていたのにアップしそこねた野鳥写真をあっぷあっぷ!


行きつけの八○●倶楽部さん(丸わかり)さんに行ったときに撮影です。
ここは冬場になるとごはん場所をつくってくれるので、野鳥が気軽に見れます^^
毎年冬はここで野鳥撮影に勤しむんですが、今年はなかなか時間が取れなかったので雪解けしたばかりの頃にしかいけませんでした・・・
オオマシコに会いたかった><

この日に会えたのはシジュウカラとカワラヒワの夫婦。
どちらも自分のアパートでもしょっちゅう見れるので見慣れた野鳥ですが、何度見ても綺麗な色合いをしています^^

カワラヒワ1

カワラヒワの男の子。
ぱっと見は地味な深緑のように見えるんですが・・・

カワラヒワ2

後ろ羽がヒワらしい綺麗な黄色^^
空を飛んでいると気が一番綺麗です!はばたく翼の中羽が黄色が鮮やかでそりゃぁもう綺麗!!
仲間のマヒワはわかりやすいくらい黄色ですが、個人的にはカワラヒワの方が好みです。

カワラヒワ3

こちらはいっしょにごはん場にきていた奥様。
男の子と違って地味に拍車がかかっているような(コラ)気もするけど・・・
小鳥らしいちまっとした感じで好きです^^

フクジュソウ

このときは福寿草が見ごろでした。
綺麗な黄色、カワラヒワちゃんたちと同じように素敵な黄色でした~。
毎年カタクリの時期も見に行っていたんですが、今年は見そびれちゃいました・・・。
今頃は野鳥たちの子育て季節なので、また時間を見つけて遊びに行きたいと思います。


というか、そろそろ常連になりすぎて声をかけられる自分・・・
恥ずかしくなってきた(笑)


22 : 55 : 05 | 野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
馴染み深い野鳥。
2011 / 05 / 31 ( Tue )
今日はラニさんではなく、趣味の一つである野鳥撮影の記事です。
冬の間撮りだめしておいたので、少しご紹介^^


本日は地元での撮影分です。
私の仕事上、年末年始もお盆も実家には帰れません。むしろその時期が忙しいので、
・・・去年ははじめてひとりぼっち年越しでした・・・。

そんなことはおいておいて!
2月に長いお休みがその分もらえます、休館日なんです。
その時に撮影したものですが・・・
P1010647kako.jpg
私にとって一番なじみ深い野鳥、ハクチョウです!
奥の白い物体もみーんなハクチョウです、・・・雪もありますが(笑)
私の地元・新潟県では冬にシベリアからハクチョウが渡り、冬の間すごします。
ここは瓢湖というハクチョウが飛来することで有名な湖なんですが、実家から車で30分もしないところにあります。
またハクチョウたちはこうした湖で夜を過ごすんですが、基本昼間はみんなで田んぼに来ます。
田んぼです、稲刈りの終わったなんにもない田んぼにです。
しかしそこには、冬を越す昆虫、落ちているお米などがありハクチョウたちは昼間みんなで田んぼに降り立ち、夕がたになると寝るために湖へ戻るのです。
そのため、冬と言えばハクチョウが田んぼにいる、という光景が当たり前化しています^^
朝はハクチョウが鳴きながら田んぼへ行く姿を目にしますし、その声で起床。
私の実家まわりも田んぼだらけ、国道もバイパスも田んぼに囲まれているため、車で走るだけでハクチョウが田んぼにいるのが見れます。
この日はそんな写真も撮ればよかったと思いつつ・・・瓢湖のハクチョウたちをご覧ください。

白鳥4
ここのハクチョウたちは主にオオハクチョウ、幼鳥もたくさんいます。
また、ここに来るとごはんがもらえるということも覚えており、みんな人を怖がらずすぐ目の前までやってきます。
白鳥5
なので、ズームにしなくてもあくびをした瞬間が撮れちゃったり・・・
白鳥3
飛び立つ瞬間だって・・・
白鳥2
10分に1回は見れます。
そして撮ろうとすると必ずのんびり中の子たちも映るという具合にみんな瓢湖にいます。

白鳥
この日は母と一緒に行ってきました。
1列に行儀よく並んで泳いでる子たちがいて、二人でかわいいかわいいと言い合っていました。

そんなことをしていると、足元に気配を感じて・・・
P1010727kako.jpg
「ハクチョウばっかり撮ってないでワタシも撮って!」と言わんばかりのマガモちゃんに出会いました。
私の、足元に、やってきました・・・。
なんて緊張感がないのでしょう^^
ハクチョウのほかにも、ここにはたくさんの水鳥が羽休めに訪れ、冬の終わりと一緒にまた渡っていきます。
1時間くらいの滞在でしたが、やはり冬は寒い!!
手も顔も本当に冷えてしまいました、流石は冬の新潟だなぁと思わずには居られません。


私の大好きな瓢湖、そしてハクチョウのご紹介でした。
また気ままに鳥シリーズをお送りいたします!

お付き合いありがとうございました。
22 : 20 : 48 | 野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |